ゆきちイチオシ!?PIMPLEPARKのCLUSTER

今回紹介するのはPIMPLEPARKのCLUSTERを紹介します。このラバー粒が細くて間隔も気持ち広いです。硬さはカールP3位で硬すぎず柔らかすぎずバランスのいい粒な感じがします。 相手の攻撃に対して印象としては低く深く入るイメージです。スピン反転もきちんとするし適度に粒も倒れる日本製のラバーに凄い似てる印象です。コントロール長短や強弱がしやすいです。違う点は落としブロックですかね。CLUSTERの方が前に飛ばない感じがするのでおもいっきり切れます。 自分での攻撃1番好印象は打点を下げたときのドライブです。裏ソフトに比べたら回転は期待できないですが弧線をしっかり描けるので安定感抜群です。弾く打法も悪くないし完璧かと思ったんですが‥‥フォアカウンターが他の粒より安定しない変に倒れすぎちゃってミス連発。自分の技術では出来ないです。 総評凄く日本製に似てるラバーですが少し弾みは抑えめで倒れやすい印象ですかね。カールやファントム使ってる人でちょっと弾みを抑えたい、粒が倒れてほしい方にオススメですね。久しぶりにDORNENGLANZⅡぐらい自分に合ったラバーに巡り会えました。プレースタイルはどのスタイルでも嫌いじゃないはずです。フリクションなどの上級者向けのラバーを使ってる方には物足りないかもしれません。しばらくはこのラバーでいきます✨

続きを読む

スウェーデンの名品アバロックスP-700!!

今日紹介するのはアバロックスP-700です。今メインで使用してるラケットで7枚合板に粒を張るとどういう性能になるのか検証していきたいと思います!!なお今回から裏ソフトの技術は裏面で使用した時限定します。 攻撃、5枚と比較すると真っ直ぐ飛びます。これは球離れが良いからですがこれにより粒が倒れる前に弾けるので回転の影響は受けないです特に上回転を低く攻撃するのが好印象でした。下回転プッシュもナックルになりやすいので攻撃する点では最高です。裏面だと球もちが思ったよりいいのでオーバーミスが増えましたがコンパクトスイングとボールの上を捉える意識でやればかなりいい球いきます。 守備ここはかなり5枚合板と違う点でまず粒を倒す前に飛びますなので変化はあまり出来ないです。手首を使って横にスライドするイメージでやれば切れますが球は高くなるので強い人には強打されてしまいます。軌道も真っ直ぐ飛ぶので面の調整がシビアになるし短いショートが難しくなります。なのでブロックは当てるだけ主体で打点は頂点前にラケットを置くイメージでしたら安定すると思います。あっ、フォアブロックは切れますよスイングを大きく取れるので(笑) 総評まず7枚合板に変えようとする人、7枚合板を使ってるかた‥‥常に攻撃をする気持ちでいたほうがいいと思います。ブロックやプッシュなどで相手を崩し攻撃をするタイプに向きますね。いつの間にか2019年になりもう2ヶ月が過ぎました。今年もブログを少しずつ更新していくのでよろしくお願いしますm(__)m

続きを読む

謎の粒高 TTmetal Death デス

今日紹介するのはMetalTTのDeathデス。 このラバーの粒形状は硬くて指で倒しても粒があまり倒れない‥ これは一筋縄ではいかなそうです(^_^;) 新年最初のレビューはりきっていきます。 相手の攻撃に対して 粒が倒れにくいのでほとんどスピン反転しないです。 ただ、ボールは深く入るのと低い軌道になりやすかったです!! このラバー切らなくても全然よいラバーで球質と軌道で十分点がとれます。 更に練習していくうちにフォアのカット性ブロックがバウンド後沈む軌道をして、 ぶちギレの球が出て相手がこのラバー使ってたら嫌だなとはじめて思ったラバーです(´Д`) 反転あまりしないと言うのは短所では決してありません。 相手の粒のセオリーを惑わすことが出来て更に相手の回転に影響されないと言う利点もあります。 なのでかなりいやらしいラバーでした( ;∀;) 自分の攻撃に対して このラバー上回転に対してのミートや下回転打ちが非常に弾きやすい球が離れるのが早いので打点を下げなければ面白いほどよく入る しかもいいナックルになるのでネットミスばかり相手はしてました。プッシュも同様ナックルで鋭い球になりやすいのでそのまま得点源になります。 総評 ペン粒なら変化よりもプッシュとナックルブロック主体で攻撃が出来る選手。 シェイクバック粒ならカット性ショートをする選手より面を出してボールを押し出すようにブロックする選手に向いてます。 欠点としてはスピン反転が出来ないので回転…

続きを読む